夕日に向かって万歳

Coffee and chocolates. …and games.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突発D&D

今日12時に某先輩から届いたメール

「2時からD&Dやろ」

・・・は?
【“突発D&D”の続きを読む】
スポンサーサイト

ネタ無し

あー。
大学でやっているセッションが夏休みに入ると共に無くなってしまったらこっちに書く事が無くなってしまいました。
テスト中だってのもあったんですが、キャリバーもやってなかったし。

いかんいかん。

結局、DDOあんまりやってません。まだレベル1
何だかんだ言ってファンタジーアースが楽しいのと…

DDOやるとやたら3D酔いしてしまいます。
僕自身はそう3Dに弱い方ではないはずですが…
どうやら視点の動きが激しすぎるのが原因っぽい。
最近冷房にやられて体調崩してたのもありそう。

景色が精細なのもいい事ばかりじゃないようです。
視点の動かし方に慣れれば恐らく大丈夫だろうと思いますが、
3D酔いに弱い方にはお奨めできないかもしれません。

悲哀

テストは一段落しましたが、
今月もうお金なくて金ウェルにも行けないや

あーあーあー

DDO

・ルールの再現度は高くないです。でも、これはこれでいいと思います
・その割にD&Dを知ってないと分かり辛いところは多いかも。能力値の意味とか、スキルとか。
・翻訳が微妙で文章が読みづらいです。改行と行間くらいはちゃんと取ってほしかったかも。あと画面ド真中に字幕はちょっとセンス無いと思う

・でも皆大好きD&D。わんこ召喚したりマジックミサイル飛ばしたりをネットゲーでできる事が既に美味しいと思う僕は病んでるのでしょうか?

悲しい現実

ハーフエルフのほとんどはエルフの方の親より早死にしてしまうんですね。
ああ無情。〈交渉〉に+2がつくわけだ・・・。

DDO

DDOのcβテストの二次募集に当選しました。
といってもテスト中なので息抜き以上にはinできませんが・・・

軽いレビューでも書けたらな、と思います

(追記)
クローズドベータという事で、あんまりゲームの情報を書いちゃダメのようですね。

Miloって名前のハーフリングのウィザードを作成しました。
見かけたらどうぞお気軽に声をおかけ下さい   っていうか、トンチンカンな事してたらどうか色々と教えて下さい。

テレキネティック・スラスト

ローグ/サイオンが立ちすくみ状態の敵に向かって、テレキネティック・スラストでダガーを数本纏めて放り投げたら全部急所攻撃にできるんですね。かっこえー

オンセ

サークル内で3つめのオンラインセッションが立ち上がりました。
フェイルーン大陸にトーチ・ポートを置いて、その中からスタートするとの事です。
公式世界観を使い、詳細に外枠が決められた街から始まるセッションは初めてなので、どういう風に展開するか楽しみです。

僕はスカウト絡みの戦闘型ローグ系のハイブリッド構成のキャラで参加するつもりでしたが、スカウトは〈解錠〉が無いという微妙に致命的な弱点が発覚したので再考中です。
ローグ/サイオンからシャドウ・マインドが面白そうかなあ、、。

大会

今日はウェルで大会がありました。
遠征にも来て頂き、24人もの参加者が集まってくれました。
…うおお、キャリバーはまだまだやれる!

店員さんもこれは嬉しかったようでテンションが高く、大盛り上がりの大会でした。

遠征勢のセツカ使いの方が終始強さを見せつけ、暴力祭とすら言える展開であっさりと優勝をさらっていかれました。強いわー

自分はというと…

1回戦:vsタリム
相変わらず1回戦はあがってしまいました。
ただ相手の方も思い通りの動きはできていなかったようで、一発の火力の差で以て何とか勝利しました。
…BBガードさせて4Bで暴れとか、間合いの外から33BB出し切って無理矢理引っ掛けるとか。

2回戦:vsマキシ(優勝した方)
ガードブレイクつきの飛び蹴り(?)からの攻めを食らいまくって即死。
ぅわああああああ


というわけで自分は2回戦で消えましたが、ホントに楽しい大会でした。
これをきっかけに岡山のキャリバーが盛り上がってくれるといいですね。

しっかしセツカの方、つええなあ

最終セッション

来週からぼちぼち期末テストが始まるため、TRPGの定期セッションは今週が最後でした。

月曜日:上海退魔行
先週囚われたPCを助けるために敵ボスの居城に突撃ー。
吸血鬼が味方としてゲスト参戦(囚われたPCのプレイヤーが担当)し、圧倒的な戦闘力を見せつけて敵を粉砕。
ガチで戦ったら勝てるわけないですなアレ しかしこのゲームは、その吸血鬼をどーにかして倒す事を考えるのが楽しいゲームらしいとか。

僕の魔術師は最初から最期まで微妙な活躍ぶりでした。色々と難しかったです。
火力要員じゃない魔術師を目指したのですが、やはり上手くいきませんでした…。

水曜日:ガープス百鬼夜翔
最期までのんびりとしたセッションでした。
ちょっと世界観やシナリオ進行が把握できず、そこらへんでペースを遅めてしまったかな、と反省するところもあるのですが、まあミッションは消化する事ができました。
とりあえず武器の手(両手槍タイプ)でブイブイ言わせる事ができたので満足

水曜日(学外):アリアンロッド
えー、時間切れでボス戦の真っ最中でセッションが終わってしまいました。
続きはテスト後の、定例飲み会の昼間にするとの事です。
マスターの意図を計り損ね、戦闘を予定外に長引かせてしまったのが時間切れの原因だったようです。
更に元を正せば、もっとマスターから情報を聞き出し、状況分析をしなければいけなかったようです。
マスターもPCも気づかない事はありますが、会話でそれを解消できる事も少なくないでしょうから。。
それを嫌がると捻りのない殴り合いしかできなかったり、逆に単なるごっこ遊びに走ってしまったりするのかな、と思います。

メモ…今日に倒したけど、ドロップ品振ってない敵 ワイトが3匹とゾンビ2山

MTG wiki

最近、暇な時に「Magic: the Gathering Wiki」を読んでいます。

一応解説すると、MTG(マジック・ザ・ギャザリング)は米Wizards of the Coastから発売され、日本語版がホビージャパンから出ている(要するにD&Dと同じ流れですな。…ってD&Dが分かる人でMTGを知らない人も少ないような気がしますが)トレーディングカードゲームで、1993年に発売されて以来、一定期間毎に版上げやら追加カード発売やらルール改訂やらが行われて脈々と多くの愛好者に遊ばれ続けているゲームです。

僕は中学生の頃に友人達と共にやっていて、ウルザズ・レガシーが出て、第6版が出て、少しした辺りで休止しました。
ルール改訂に合わせてデッキを組みなおすのに小遣いが追いつかなくて興味が少し落ちた辺りで、通っていた近所のショップが潰れてしまって終了、、って感じでした。
当時は戦術もカードを見る目も幼稚だったもので、今考えてみればお金をドブに捨てるようなカードの買い方もしていたなあ、、と思い返します。

大学に入ってから微妙に復帰し、コモンや安いアンコモンを買い集め、先輩の余りカードを貰ってバージョンごちゃ混ぜな貧乏デッキを作って身内でチマチマと対戦しています。
…本格的な復帰は、お金の関係で無理でしょう。

このゲームは本当によくできた、楽しいゲームなのですが、如何せん金がかかりすぎますね。。
もう少し、その辺の敷居が下がってくれると嬉しいのですが。

そんなわけで、MTGwikiをリンクに追加しました。
MTGの開発者、偉大なプレイヤー達に敬意を表しつつ。

金ウェル

7/8に大会があるためか、今日のウェルにはものすげえ人数が集まってくれました。
いやあ楽しかったです。いつもこれくらい集まるならウェルのキャリバーⅢは二台のまま稼動していただろうに

しかし、楽しみすぎて明らかに予算オーバー
今週は今日だけじゃなくて昨日、日曜にもウェルに行っていたり、それ以外にも散髪とかで豪快に出費したので来月の生活費が心配になりつつあります。

…諭吉さん!帰ってきて!諭吉さーん!(涙

自分みたいな性格の人間はパチンコとか行ったら絶対ダメですね。
そういう意味では今のゲーセン生活は落ち着くべきところに落ち着いているとも言えるような気がします。


・Ⅲは横ランにもカウンター判定がついているらしい
…いや、知るの遅いって自分。

FC2Ad


当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。