夕日に向かって万歳

Coffee and chocolates. …and games.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心のゲーム:ファイアーエムブレム トラキア776

FEというとファンタジーアースの事かファイアーエムブレムの事か
ややこしい世の中になってしまいました。特にココでは。
(私の別ブログ「タノキのFE日記(*休止中)」のFEはファンタジーアースの方ですのでご了承)

ファイアーエムブレム トラキア776はロッピーを利用した
書き換えサービス専用ソフトとして1999年に発売されたタイトルです。
その特殊な販売方法の為か、シリーズの他の作品と比べると
少々知名度が低いようです。

この作品、難易度の高さがよく取り上げられますが、
実は単に難しいだけではなくて戦術性にも優れており、
ストーリーやキャラクターも出来が良いシリーズ屈指の良作です。

ただ「体格」が絡んだ新システムのややこしさや面倒臭さが難点で、
言ってみればマニアックになりすぎていると見る意見も多かったらしく、
この路線はGBA三作やGC版の「蒼炎の軌跡」には引き継がれなかったようです。
(聞いた話ですがティアリングサーガやベルウィックサーガはこちらの路線のようです。
 …これらの作品とは裁判沙汰にまでなりましたが、、
 まあ、その話はこのブログでは扱わない方向で。)

名台詞、名キャラクターが数多く存在する作品ですが、
特に僕の心に残っているのは軍師アウグストが主人公リーフに
「英雄とは時代と民衆に仕立てあげられるものだ」みたいな意味の事を言う場面。
典型的なヒロイック・ファンタジーのファイアーエムブレムには珍しい演出で、
トラキア776のストーリーの特徴をよく表している場面だと思います。

ニンテンドードリーム」誌でコレがちょっとした記事に
なっていたので、つい嬉しくなって取り上げてみました。

ファイアーエムブレムシリーズが好きな方にはぜひプレイして頂きたい作品です。
何やら、Wiiで過去の任天堂ソフトをプレイできるようになるらしいので、
この作品をプレイする機会のある方も増えるかもしれませんね。
スポンサーサイト

DSソフトレビュー:スターフォックス コマンド

発売されて1ヶ月以内のソフトをレビューするのは初めてかもしれません(笑
スターフォックス コマンドのレビューです。

戦略&3Dシューティングというジャンルになっていますが、
純粋にシューティングだと思って購入した方が良いと思います。
個人的には戦略の要素は中途半端で、
あまりゲームに活きていないように思えました。

シューティングの方はそれなりに良質です。
ただスターフォックス64(GC版の「アサルト」は未プレイです)が
文句のつけようがない傑作だったのに比べると
少しクオリティが落ちる印象です。
まあ、幾ら任天堂作品と言えど
あの完成度を基準にしてはいけないのかもしれませんが。

色々なシステムに変更が加えられているんですが、
特に、弾を回避しながら、敵に攻撃したりアイテムを取得するという
シューティングの楽しさの根幹の部分が
ローリング一辺倒で何とかなってしまうのはマズいと思いました。

64版で言うオールレンジモードがメインになっているのですが、
コレは360°自由に飛び回れるのが楽しい反面、
ステージ中の「山」が無くなってしまうので、
それが原因で満足感が乏しいというのもあるかもしれません。

注目の、タッチペンによる操作なんですが、
体感的というよりは「独特」という印象が強く残っています。
慣れれば結構楽しいのですが、コレは普通のキー操作より難しいような気も(笑

そんなわけで、「期待ほどではなかったかな」という印象を持った作品でした。
スターフォックス64のイメージで期待しすぎたのかもしれません。

DSソフトレビュー:大戦略DS

大戦略DSをただいまプレイ中です。

大戦略は友人がプレイするのを眺めたり、ちょっと触ったりというのはありましたが自分で買ってプレイするのは初めてです。
歴史あるシリーズだけあってシステム的には既に完成されており、安心して遊ぶ事ができます。

演出は非常にあっさりしているので見た目的な楽しさは少ないです。(元々そういうシリーズなんですが)

同種の兵器が何種類もあって敵ユニットとの相性がそれぞれ異なったりするので情報量が多すぎ、個人的には楽しさより面倒臭さを感じてしまいました。実在の兵器の話が好きな方向けでしょうか。

この点については、僕にはファミコンウォーズシリーズの方が合っているようです。
が、ZOCシステムが好きなのでやっぱり一長一短かな、と。

ミッションモードがよくできていて、中盤まで進めればこのゲームの基本を何となく掴めるようになっています。
ただ、後半に進むにつれて敵の配置がわかっていないとどうしようもないマップが増えてきて、途端にダルくなります。残念。

DS特有のタッチペン操作なのですが、タッチペン用操作アイコンが小さくて画面上の位置が固定されていないので少し使いづらさを感じます。
(アイコンに近いマスにタッチすると、アイコンが画面の逆側に勝手に移動する仕様になっています。
指定したマスの周囲がよく見えるように配慮したと思われるのですが、アイコンがタッチペンから逃げていってしまうので面倒です。)
画面を直接タッチして操作できる事自体は非常に快適なだけにちょっと残念。

不満点は幾つか挙げましたが、基礎システムがしっかりしているゲームなので、各ユニットを操作して敵を撃破していく過程の面白さは洗練されたものを感じます。
面倒臭いウォーシミュレーションが嫌じゃないという方は買っても損はしない作品だと思います。
…といっても、これ買う人の多くは「固定客」という気もしますけど。

DDO予告

次回追加モジュールについて4gamerで紹介されていました。
記事はこちら


>これらのPvPエリアでは,特別なバランス操作は行われず,戦いは完全に「Dungeons & Dragons」のルールに則って進行するという。
>したがって場合によっては,一瞬で勝負が決してしまうこともあるようだ。

わはははははw
楽しい事になりそうです。

ブレイブストーリー

ブレイブストーリーを鑑賞してきました。
小説版は読んだ事無いですが、本当にRPGのストーリーのような映画だと感じました。

世界設定だけでなく、ストーリー進行の作法にもRPGっぽい雰囲気が見られます。
最初に主人公(プレイヤー)の最終目標がはっきり示されて、それまでの通過点になる小目標を経ながらストーリーが盛り上がっていく辺りとか。
これはゲームと一緒で、主人公に移入しやすくするための工夫だと思われますが、これを好きと思うか嫌いと思うかで評価が分かれる作品っぽいです。
内容的には、テーマも分かり易く良質な作品だと思います。

で、何でこのブログで映画の紹介などやっているのかというと、丁度一週間前にレビューしたニンテンドーDSの「マジカルバケーション」と似通っているところが幾つかあって面白かったから(笑
マジカルバケーションも身近な人(魔法学校の先生)を救うために小~中学生くらいの子供(達)が冒険に繰り出す話。
ネタバレを避けるため、詳しくは言えないのですが、ストーリーの流れやラストのシーンがそっくりで、びっくりしました。
確かに定番といえば、定番なんですが…。

DDO正式サービス開始

D&D onlineの正式サービスが無事に開始されたようです。
僕はまだ帰省中なのでプレイできません。
(…2週間もあれば先行組と結構差がついてしまうんですよね、、。)

無料期間が最大4週間とはなかなか豪快ですね。成功を祈ります。

で、私は、DDOへの興味は失っていないんですがしばらくは家庭用ゲームとファンタジーアースで遊ぼうと思っています。
DDOは訳文の分かり辛さと3D酔いが改善されれば最高なんですが…

簡単レビュー

・脳を鍛える大人のDSトレーニング
DSライトに付属していた品です。
発売されてだいぶ日が経ってますし、そもそもゲーム性が云々という物でもないので細かいレビューは省きますが、ちょっとした数分の気分転換や暇つぶしに丁度いい一品です。
最初は35歳とか言われましたが、この一週間で20歳に戻りました。

・英語漬け
ものは試しという事で買ってみました。
アルファベットの認識が大雑把なのは残念ですが、問題の量や質は十分あるような感触です。
ちょっとは英語ができるようになるといいなあ。

ややこしい

D&D(ダンジョンズ&ドラゴンズ)はTRPGです。
ルールブックと鉛筆とサイコロで遊ぶ卓上ゲームです。
このブログでD&Dと言えば普通、D&D 3.5版を指します。

DDO(ダンジョンズ&ドラゴンズオンライン)は、D&Dをモチーフにして作られたMMOです。
プレイするためには鉛筆もサイコロも不要ですが電源とPCが必要です。

ダンジョンズ&ドラゴンズオンラインをD&Dと略されると混乱する人がたまに居ます。僕とか。

プレイ人口的に、DDOの方がメジャーになる可能性がありますが、
D&Dの話題になるたびに「ダイスを使う方のD&D」って言うのは非常に面倒臭いのでどうか今のうちに略称の分別にご協力下さい。

DSソフトレビュー:マジカルバケーション

マジカルバケーション 5つの星が並ぶときをプレイしました。
前作(GBA)から属性の種類がごそっと削られて(16種→7種)相性関係が分かり易くなると共に戦闘システムが大幅に変更されました。
まあ、分かりやすいのはいい事です。僕、前作は相性関係を覚えた辺りでラストダンジョンでしたから(笑)

相変わらず地名や人名が食い物のアナグラム(火の惑星ラグアフォー(フォアグラ)とか、都市ベナ・リカシィ(石狩鍋)とか。)だったり、ツボやコンニャクが喋り出したりと色物テイスト溢れる作品ですが、内容は基礎的な部分がとてもしっかりしている印象の王道RPGです。

割と世界設定やストーリーに破天荒なところが目立つのと、難易度がイージーめな辺りは好みが分かれるかもしれませんが、それ以外に関しては誰にでも勧められる良作RPGだと思います。
通信を使ったコンテンツが割と充実しているようなので友達と一緒に買うのもお勧めです。 …僕?お察しください

タッチペンの操作性が良好で、インターフェースやチュートリアルがしっかりしている辺りもポイントが高いです。
時折放たれるシュールな(または「下らない」)ジョークにクスリとできる方には特にお奨めです。

あ、念のため言いますがストーリーはギャグではなくて真面目ですよ。
前作もそうでしたが、話の中には結構重い内容も含まれています。
とぼけた演出を交えつつ重い話に繋いでいくシナリオ構成は良い仕事をしていると思います。

参考までに、僕のクリアまでのプレイ時間は22時間でした。

帰省

悲しいニュースを胸に秘めつつ、明日から実家に帰省します。

TRPGのセッションは無いだろうし、キャリバーは名古屋では全く流行っていないそうなのでゲーセンでもやるゲームが無さそう。
帰省したらニンテンドーDSで遊ぶ予定なので、DSでプレイしたゲームのレビューとか書けるかもしれません。

また、例によってD&Dのルールブックを読んでいて突発的に気がついた事があったりしたら書くと思います(笑

FC2Ad


当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。