夕日に向かって万歳

Coffee and chocolates. …and games.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時のらせん

マジック・ザ・ギャザリングの新エキスパンション「時のらせん」発売に伴う
プレリリース・パーティに参加してきました。
トーナメントパック1パック+ブースターパック3パックでのシールド戦でした。
(ブースターは普通は2パックだそうですが、今回は特殊だったようです。)
例によって、参加者は4名という小規模な大会となりました。
やはりリミテッドは、構築と比べて参加者が少なくなる傾向はあるようです。


自分のデッキで活躍したカードはこんな感じ。

・疫病スリヴァー
4マナ5/5。強い

・稲妻の斧
追加コストが必要とはいえ
たった1マナで敵のフィニッシャー級のクリーチャーを叩き落せるのは素晴らしいと思いました。

・モグの戦争司令官
MVP(笑)

・ボガーダンのヘルカイト
出れば勝ち。 …2回出ました。

・戦慄の復活
ヘルカイトのリアニメイトを狙っていたんですが、それは決まらず。
でも、疫病スリヴァーを2回復活させて勝負を決めたりして、なかなかの活躍ぶりでした。
これは構築で使っても強そうです。

結果は2勝1敗で、2位でした。

負けた試合は、二枚目の沼が引けずに戦慄の復活が使えないまま、
ずるずると相手にペースを渡してしまったような展開でした。

青を数枚タッチしていたのですが、
これを諦めて黒赤二色で行った方が良かったようです。
リミテッドは難しい。
スポンサーサイト

金ウェル

昨日、ウチの大学で爆発事故があり、助教授が火傷で入院したそうです。
詳しい事はまだ聞いていないのですが、メタノールに引火したとのことで
ウチの課か、そうでなくてもかなり近い分野の研究室で起こったものと思われます。

存外身近なところで事故やら事件やらは起きるもんですね。
皆さんも事故には十分気をつけましょう。。


今日は2週間ぶりに金ウェルに行ってきました。
最近キャリバーⅢより他のゲームの比重が高まってるのが何ですが、、(笑

おおブロさんの記事を参考に、霞構え(66B+K)からの攻めを実戦投入しようと試みました。

…立B+Kが暴発する。。

…ソウルチャージが暴発する。。


げに悲しきは入力精度のへぼさかな

霞中A+Bは当たれば半分以上持っていく代物なので狙う価値はありそう。
ただ、フレーム表を熟知して、狙えるタイミングに確実に入力する技術が必要そうですが、、。

ああ。人間性能が欲しい。

ガープス・ユエル

…のGMを務めさせて頂く事になりました。
後期の間、毎週月曜日に、大学でセッションを行います。

元々はGMをやる気は無かったのですが、話の起こりは四日前。
先輩に「卓が足りないから、何かやって」と持ちかけられたのがきっかけでした。

一番よく知っているシステムはD&Dですが、
棚で眠りっぱなしのガープス4eを使ってみたくなったので
ユエルを立ち上げる事にしました。

サークル内でガープス4eを持ってる人が他に居ないので、
自分がやらなかったら在学中に1回も使わない可能性すらあると思ったし。(笑

あらゆる悪評、忠告を聞き流して3冊とも購入し、
挙句に自分でキャンペーンを立ち上げた私は
SNEに2秒くらい感謝されてもいいんじゃないかと思います。


今日はキャラ作成のみで終了、、。っつうかキャラ作成すら終わってないです。
(1冊のルールブックを皆で回し見るから、全然作成がはかどらないわけで・・・)
来週のセッションまでの間に、会ってキャラ作成ができる時間を調整するのがむしろ今日のメインでした。

初GMなのに、かなり変則的なセッションとなります。
プレイヤーは5人ですが、そのうち1人は二週間に一度しか参加できない事が決まっていて、
更に別の1人は18時以降にしか来れない(サークルは17:00~19:00)というもの。

この18時以降の方は今日もそれくらいの時間にやってきて、
キャンペーンに参加するつもりではなく顔を出しにきた人なのですが、
この人、ガープス3eの方をだいぶ遊んでいた人でして、
「3eと4eの違いを体感して、GMと一緒に悶絶する」という
今回のキャンペーンの最大の意義を一番理解してくれそうだった
(あと、ガープスのシステム理解度が乏しいGMが助け船を出す相手が欲しかった)
ので、GMとの合意の下、キャンペーンに参加して頂く事になりました。

今日、サークル終了後に、今日の夜が暇だった3人(そのうち2人は、さっきの変則的な2人)とメシを食いながらキャラ作成を行いました。
残りの2人も、今週中に時間取ってキャラを作ってもらう予定です。

来週はキャラの設定を話し合って決めてもらって、できればシナリオを導入し、
本格的なセッションは再来週からになる予定です。

初心者GMなので、開幕から色々と御迷惑をおかけしていますが、
半年の間、どうぞよろしくお願いします。

大学開始

明日から講義が始まります。
追ってサークルも再開しますので、またセッションの記録をつけていく予定です。

28日発売のDS版ポケモンは購入予定です。
昔ほどやり込むかは分かりませんが・・・

Wiiに注目が集まるのはいいけれど、
その影響なのかGCが元気なさげなのがちょっと寂しい今日この頃です。

大会結果

というわけで、2回戦で敗退→敗者復活で敗退でした。予定通りだ!(?

稲穂のヒット確認練習しないといけないでしょうかね… うむむ

金ウェル

やっぱり3Dゲームは難しいですねえ・・・。
ちょっとずつマシにはなってきてるはず。ちょっとずつ、ね

1K当てたorガードされた後の展開をきっちり煮詰めれば攻撃力をアップできそう。
あとはランとガードの使い分けが課題でしょうか。

明日はファンタジスタで大会です。
とりあえず1勝を目標に行ってこようと思います(弱気

Wii

Wiiの発売日は12月2日のようですね。(任天堂公式サイトより)
発売日に買え… ないくらい売れてくれるといいなあ(笑

先行するPS3はどうなるでしょうね。
一ゲームファンとしてこちらも成功を祈ってます。
…買わないけど。

MTGドラフト大会

行きつけのゲームショップで開催された、
コールドスナップ・ブースタードラフト大会に出場してきました。
雨が降ったこともあってか出場者は4名にとどまり、
「ドラフトじゃなくてシールドにした方がいいんじゃない?」なんて
話にもなりましたが、そのままドラフトでの大会になりました。

ちなみに僕はドラフトどころかリミテッド自体が初体験の初心者。
マジック自体は第6版が発売された辺りまでやっていて、
(主に金銭的な理由から)今は身内でチマチマやっているだけのプレイヤーです。

wikiなどを見て勉強はしていきましたが、
実際にピックするとなると、生兵法の通用しない事。
途中まで青白黒で行くつもりだったのに、
3つめのパックから「稲妻の大蛇」が出てきてどっきり。
それを取ったら次は「バルデュヴィアの怒り」が流れてきて…

しばらく悩んで青白+タッチ赤の構成に変更しました。

青白黒とどっちが良かったのかは今でも分かりません。
4色もアリだった… かも?

青と白を主力に選んだことと、
氷雪土地を積極的に集めていった事は成功だったようです。
「アダーカーの風精」「突風の漂い」「極寒の枷」が
あっさり取れた辺りで二色は確定したのですが、
この判断については自分を褒めてあげたい(笑

重いカードや維持コストがかかるカードを取りすぎ、
序盤にもたついてそのまま即死する展開が多かったのは
やはり素人ゆえの構築力の低さのせいでしょう。
また次回以降の大会に生かしたいと思います。

結果は1勝1敗1分で、4人中3位でした。
引き分けは、1本目に45分ぐらい時間がかかったために
2本しか試合ができなかったため。
1本目は終始こちらが制空権を握っていて、有利だったが
やたら堅い敵クリーチャー郡を崩すのに時間がかかった形。
2本目は、例によって序盤にもたついて、5分で即死でした。南無。

アップキープコストを払い忘れ、巻き戻して払わせてもらったり、
スロートリップを引くタイミングや復活のルールを間違えて覚えてたり、
という調子のミスが何度もあったのは申し訳なかったです。
精進します。

MTGを現役でやっていた頃は
参加費(パック代)がかかるので敬遠していたリミテッドの大会ですが、
今では「構築デッキを作る財力がなくても参加できる」ものだと思い直しています。
今後、リミテッドの大会が近場で開催されたら
(お金があれば)できるだけ参加していきたいと思います。
今日はいい体験ができましたわ。

DSソフトレビュー:ルーンファクトリー

ルーンファクトリー 新牧場物語をプレイ中です。

僕は元来「ゲームにがっつりはまりこむ」タイプのプレイヤーなので、
この手のゲームにはあまり手を出さなかったのですが、
普段やらないタイプのゲームをプレイしてみようと思って購入しました。

ゲーム内容なのですが、身も蓋も無い言い方をしてしまうと作業ゲーです。
あくまでも生活感を楽しむゲームだという事なのでしょう。

戦闘にはアクションRPG風のシステムを採用していますがこちらもあっさりとしています。
敵の動きはほぼ無傷で倒せるくらいに弱く、
ボスも回復アイテムを残していけば、
いわゆる「火の鳥戦法」で何とかなってしまいます。

その反面、ダンジョン攻略ではRP(疲労度みたいなもの)の工面のために
気長な農作業が必要だったりして、攻略する勢いを削がれます。
恐らく、世界観や生活観に目を向けさせるために
このような仕様にしてあるのだと思いますが、
何分内容が単調なので、僕はエンディング前に飽きが来てしまいました。

ファンタジー世界の田舎暮らしというコンセプトは非常にツボなので、
のんびり、ちまちま続ける分にはある程度楽しめそうです。エンディングまで行けるかなあ

ネットゲームなどにもあてはまることですが、
プレイヤーに目的を決められて初めてゲームとして成り立つタイプのゲームは
今後のスタンダードの一つになるかもしれませんね。
今後の発展に注目したいところです。

最後に、タッチペンへの対応が中途半端で
結局十字キー+ボタンで操作しなければいけない事と、
その十字キー+ボタンの操作にも不親切な点が幾つかあるのは不満でした。

帰宅

ただいま岡山に戻りました。

これといった予定が無いにも関わらず
1ヶ月の長期帰省でした。
特に計画もなく、実家に滞在していましたが
その間、DSのソフトを物色したり、Complete Psionicを熟読したり、
久々に小説なぞを読んでみたり、映画を観たりと
偏った方向に(笑)充実した日々が送れました。

Complete Psionicを読んで面白そうと思った事は幾つかあるんですが、
何しろ実プレイが少ないのが何とももどかしい感じです。
…DMをやれって? イヤ,ソレハチョット…

FC2Ad


当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。