夕日に向かって万歳

Coffee and chocolates. …and games.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「赤い手は滅びのしるし」発売日

D&D3.5e公式シナリオ「赤い手は滅びのしるし」の発売日が4月27日に決定したそうです。(公式サイト

4月中発売予定、との事だったので間違いはないのですが、
GW辺りには準備を整えて、いつでも始められる態勢を作ろうと思っていたので、
4月中でももうちょい早く発売してくれるとありがたかったというのが本音です。

…こんなに発売日なんて気にしてるのは僕だけのような気もしますけど。(笑


恐らく自分の今年の一大事業になると思われるシナリオなので、
じっくり腰を据えて、楽しみに発売を待とうと思います。
スポンサーサイト

ファイアーエムブレム『暁の女神』プレイ中

さて、やっとこさ第二章に到達しました。

一丁前のエムブレマーぶっていきなりハードモードから
プレイしていますが、今のところ、ほどよい歯ごたえで楽しめています。

はっきりと章が分かれているのは「聖戦の系譜」以来でしたっけ。
まだストーリーも半ばというところだと思われますが、
章立てにするに見合うボリュームがありそうな手応えを感じます。


雑魚敵の一人一人が脅威となるように調整され、
一つ一つのマップの勘所がしっかりとしている辺りは非常に好印象です。
ここらへん、好きだった「トラキア776」の雰囲気が見え隠れして、心が弾みます。

個人的に特筆したいのが「指揮ポイント」の復活です。
主に敵側に有利に働いてしまうシステムなのですが、
トラキア776で追加されたシステムの中で
もっとも面白く機能していたと思っていたので、
これを汲み取って頂けたのが本当に嬉しいです。

…+50%とかはさすがにやり過ぎだと思いましたが、、
…まさか今回は無いですよね?

遂に購入

今日はキャリバーⅢをやりにアーバン(大須にあるゲーセン)に行ってきました。

以前に岡山でプレイした時から三週間も間が空いてしまっていたので、
今までやった事を思い出すまでにもだいぶ時間がかかってしまいましたが、
後半はまあそこそこの出来だったかと思います。勝てないですけど。



さて。その帰り道に、見つけたパソコン屋にふらりと立ち寄ってみたときの事です。
立ち寄ったのは、もちろんWiiを探すため。

あまり期待せずにWiiの棚まで行くと、
ちょっと小さめの但し書きが目につきました。


  申し訳ございませんが、Wiiは在庫が―――


ですよねえ。まあ期待はしてなかったけど…



  ―――少数となっておりますので、御一人様一台限りの販bあるじゃん!


待て待て、ここで買ったら岡山に持って帰るのしんどいのでは?
宅配便で送る?いや、それはちょっと…。


…なんて考え出したのは、もう買ったあとの事でした。


一緒に買ったソフトはFEです。
せっかくなのでWiiらしいソフト(Wiiスポーツとか)も一緒に買おうかと思ったのですが、
TRPGに関する作業(前の日記を参照)も同時進行しなければいけないので、それは我慢することにしました。

ゲームレビュー:「世界樹の迷宮」


ウィザードリィを知らない方々にもぜひプレイしてほしい
ただの懐古趣味だけではない秀作RPG


「シンプルで奥が深い」とは、しばしば理想のゲームを表す形容句として使われる言葉ですが、
実際にどのようなゲームがそれにあたるのかは、人それぞれに意見のあるところだと思います。

私は「洗練性」こそが、シンプルかつ奥が深い事を実現するキーワードだと考えています。

すなわち、
無駄なものが省かれていて、
一つ一つの要素が調和していて、
基礎システムがよく練りこまれていること。

世界樹の迷宮はそういった特質を持っており、
更に「懐古的なもの」と「現代的なもの」を織り合わせた点においても
すばらしい作品だと思います。

このゲームのヒットが単発的なもので終わらず、
ゲーム業界全体の流れになってくれる事を願ってやみません。

格ゲーとかにも、こういう作品が表れてくれないものでしょうか。


#今回から新たに「ゲームレビュー」のカテゴリを設けました。
#今後、一つのタイトルについての総括的なレビューは
#ゲームの種類に拠らず、このカテゴリに書いていく予定です。

進捗

4月からのTRPGのため、春休みにしなければいけない事集です。

<新入生体験会用、ガープス・ユエル>
プレイするシナリオ→決定済
シナリオの自分用資料作成→9割完了
キャラクターデータ作成→7割完了
各キャラクターの説明文作成→これから
配布資料、ハンドアウト→まだまだ

<新入生体験会用、D&D3.5e>
プレイするシナリオの改変、自分用資料作成→2割完了
キャラクターデータ作成→手付かず
各キャラクターの説明文作成→もちろん手付かず
配布資料、ハンドアウト→まだまだ

<前期定期セッション用、D&D3.5e>
プレイ予定のシナリオ→決定
そのシナリオの自分用資料作成→手付かず
キャラクターデータ→体験会のキャラを使いまわす
配布資料、ハンドアウトの作成→手付かず

<D&D3.5eエベロン『赤い手は滅びの印』開始に向けて>
本編シナリオ→未発売(笑)
導入シナリオ(公式サイトに載ってた奴)の自分用資料作成→手付かず
キャラクターデータ→プレイヤーに作ってもらうから不要
配布資料作成→手付かずっていうかエベロンワールドガイドが手元に無いからできないヨ

<それ以外>
頼まれてたサイオニック・パワーリスト→手付かず


うへー。ちょっと気長に構えすぎました。どうしよう。
・・・とりあえず世界樹の迷宮に潜りながら考えまs(駄目人間)

ゲームは一日一時間?

…なんて健康的なことを今更実践しているわけではないですが、
バイトがある日は確実にゲームをプレイする時間が削られ、
一日のゲームのプレイ時間は2時間前後になってしまいます。当たり前ながら。

この春休み、集中的な短期バイトしようと決めたのは
社会人っぽい生活を一度体験してみようという考えもあっての事でした。
そこまできつい仕事ではないし、休みも週に3日あるのですが
ブログの更新も、ゲームのプレイもバイトする前と同じようにはできていません。

社会人でおもしろい日記書いている方とか、
社会人ゲーマーをちょっと尊敬する気になった今月でした。


■ゲーム近況■
世界樹の迷宮…26Fのまま
TRPG(来年度に行う予定が決まっているセッションの準備)…ほぼ白紙(汗
格ゲー(キャリバーⅢ)…土日がバイトで埋まっているので全くプレイできず。21日にアーバンかQ2に行ってくる予定です。

「世界樹の迷宮」クリア

昨晩、世界樹の迷宮をクリアしました。
クリアメンバーは以下の5人でした。

―前衛―

■バーゲン(ソードマンlv59)
主なスキル:スタンスマッシュlv10、ダブルアタックlv10、その他ステータスアップスキル

■チュアン(ブシドーlv58)
主なスキル:燕返しlv10

―後衛―

■ダグ(レンジャーlv58)
主なスキル:アザーズステップlv7、ダブルショットlv10

■ジョディー(メディックlv57)
主なスキル:医術防御lv7、エリアキュアⅡlv6、など

■ゴーン(メディックlv57)
主なスキル:エリアキュアⅡlv9、キュアⅢlv10、TPリカバリーlv10
(↑初級キュアとそれを前提とするスキルを全く取得せずに
 高レベルのキュアとTPリカバリーにSPを注ぎ込んでいます)


まともに食らえば一撃でパーティが崩壊するほどの攻撃力に対抗するため、
こちらが選択したのはガッチガチのダブルメディック戦法。
スキル構成が全然違うメディックを2人育成していた事がここで役に立ちました。

アザーズステップからの医術防御とエリアキュアⅡで隙を見せずに守りを固め、
前衛がガンガン殴ってラスボスのHPを削り続けるという作戦でした。

前衛のTPが底をついてからのラスボスの粘り強さに閉口しましたが
敵の攻撃には全て後出しで対処できていたので余裕があった感じです。

戦法は私のメンバーではコレがベストだったと考えていますが、
チュアンよりはミイ(剣ダークハンター)の方が攻撃役に向いていたようです。
ブシドーは攻撃力はあってもいちいち大振りで燃費があまりよくないので
中盤に差し掛かった辺りでTPが尽きて息切れしてしまいました。
TP回復アイテムがもっとあったら実力を発揮していたと思われますが、
あいにく資金が少なくて十分な数を買い込めませんでした。

結局ブシドー(とカースメイカー)の性能は最後まで生かせなかったような気がします。
個人的にそれがちょっと心残りでした。

このゲームのレビューはまた今度に書こうと思います。
ただ、全体を通して非常に満足できる内容であったという事を
クリアしてすぐの感想としてここに記しておきます。
良いゲームでした。


―――――

・・・と思ったら、、

ストーリーに区切りはついたけれど、ダンジョンにはまだ先があるんですね。
もうしばらく楽しめそうです。うひひひ。

本末

一昨日、近くのデパートでWiiの抽選販売があったのですが、
私は朝からバイトに行っていたために参加できませんでした。


何この本末転倒。

バイト

バイト先は昨日にサクッと決めてきました。
某ツタヤの、返却されたレンタルビデオを棚に戻す仕事です。

月末まで予定通り働けばおよそ80,000円の収入になります。
具体的な使い道は特に決めていませんが、
多分新年度明けてからルールブックだのゲームソフトだのに使っていくでしょう。

本日が初体験だったバイトの感想は…
うん、まあこんなもんか。って感じです。
疲れましたし、仕事もあまりはかどらなくて迷惑をかけたりもしましたが
与えられた仕事をしていたら、いつの間にか時間が終わっていたという感じです。
いい事なんだか、悪い事なんだか。


「世界樹の迷宮」は、遂に第5階層まで到達しました。
到達して初めての感想は「やられた」の一言。
そろそろクライマックスへの盛り上げや引きを担当する場面に
差し掛かる頃だと思って構えていたのですが、
第5階層の風景は正にそれにふさわしい、素晴らしい場面でした。

ストーリーや演出的な要素が希薄なゲームと思いきや、
これらも十分お奨めするに足る出来です。
ウィザードリィの名前すら知らないという方にもぜひプレイしてもらいたいですね。
本当に「世界樹の迷宮」は良いゲームだと思います。

世界樹の迷宮:現在B19

月刊GAME JAPAN誌に「世界樹の迷宮」の開発者インタビューが掲載されていました。

結局立ち読みだけで買っていない手前、
内容をベラベラ書き記すのは気が引けるのでやめておきますが、
老舗メーカーらしい底力を感じさせる言葉がちらほら見受けられ、
一人のゲーマーとして心強く思える内容でした。

このゲームが好きな方ならば一見の価値がある、良い記事だと思います。

正直なところ、アトラスという会社について
「過去の遺産で食ってる」的な印象がなくもなかったのですが、
このゲームのプレイや上記のインタビューを通して
それだけではないと評価を改め、見直した次第です。

地力のあるメーカーにはがんばって欲しいですね。



さて、私の「世界樹の迷宮」プレイ報告です。

■B14
マップにつけられるメモの数に上限がある事を知る

■B17
このメモ数ではどうやり繰りしてもマップの全ての要素を書き切れないと察する

ネタバレにならない範囲で有り体に言うと、一方通行祭りです。
全部覚えるのは幾らなんでも無理ゲーなので
メモを使わずに上り(往路)をドアのマーク、
下り(復路)をイベントのマークで表して乗り切る事に。

■B19
ちょっうわwせrdtfyぐえkm

長くなったのでパーティの近況はまた今度。

FC2Ad


当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。