夕日に向かって万歳

Coffee and chocolates. …and games.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマブラ拳の新着記事

まずは、本日更新されたこちらの記事をご覧下さい。

内容を一言で言えば、他人のwi-fi対戦の様子をリアルタイムに観戦でき、ちょっとした賭け遊びもできるという機能がスマブラXにつくということ。

一目見てこう感じました。 「これは来た!」と。


対戦ゲームファンにとって、他人の動きを研究するってのは大変意義があることです。
そうでない人にとっても、対戦を眺めるのが楽しいって人はきっと少なくないと思います。
「対戦ゲームは対戦の部分がしっかりしていればそれでいい」という意見が間違ってるとまでは言いませんが、
このようなシステムが充実することも対戦ゲームの発展にとって実に好ましいことではないでしょうか。


また、ちょっと未来予想的すぎるかもしれないですが、
このような形で他人に自分のプレイを見せる環境が充実することで、
「他人を楽しませるためのプレイ」が発展する可能性もあると思います。
対戦ゲーム(特に格ゲー)では、相手に勝つためのプレイが重んじられ、
その中で対戦マニア以外のプレイヤーが遠ざけられてきたという歴史があります。
私はその対戦マニア(弱いけど)の一人ですが、
「強くならないと楽しめないのは当たり前」という考えは間違っていると思いますし、
強くなる事が最も高次元なゲームの楽しみ方だとも思っていません。

ゲームが純粋な競技であるなら、「強くならないと~」でいいのかもしれないですが、
ゲームはあくまでエンターテイメントなのだから、
良いゲーマーは良いエンターテイナーであるべき。
私はずっとそう考えています。

今まで、ゲームを使って他人を楽しませるなんて場はあまりありませんでしたが、
今回発表された「大観戦」は、ゲームを通じて他人を楽しませたいと考えているゲーマーにとって
いいツールになってくれるんじゃないか。そうなるといいな。と期待を寄せています。

ゲームが、自己満足や自己顕示のためのものから、自己表現のためのものへ。
っていうとちょっと大仰すぎるでしょうか。

まあ、いかに楽観的な私とて、そんな簡単に物事の質的な転換が起こるなんて思っていませんが、
今回の記事でスマブラXへの期待が益々高まった、というところです。
開発チームの方々のがんばりを期待します。
スポンサーサイト

FC2Ad


当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。