夕日に向かって万歳

Coffee and chocolates. …and games.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間不足症候群

先日、先輩から麻薬ゲームと名高いCivilization4を借りました。

スマブラXは相変わらず面白いです。スネークlove

そして今日、世界樹の迷宮Ⅱが発売されました。

・・・

時間がいくらあっても足りないというか、
全ての時間を吸い込むブラックホール的なものが私の周囲で渦巻いているように感じます。

こりゃちょっと意識して自律しないとマジで破滅すr
スポンサーサイト

[スマブラX]スネークの立ち回り(初級編)

[主力技]
弱攻撃コンボ、横A・A、上A、下A


スネークは地上戦が大変強いキャラです。
まず、横A・Aが大変強力。二発合わせてダメージ20はとてもおいしい。
スネークを使う方はまず、これの一段目を撃ったあと、
状況を見て二段目を出すか出さないか判断する練習をまずするといいでしょう。
一段目が地上でヒットした相手には二段目が確定します。

何気にものすごく便利なのが上Aです。
見た目より横方向に攻撃判定が分厚く、地上の相手に対しても使っていけます。
また、上方向へのフィニッシュ技としては上スマッシュより断然強力です。
隙もさほど大きくないので、相手の飛び込みを抑止する目的で振っていくと良いでしょう。

下Aは見た目通りの長いリーチを誇ります。
上2つの技と比べるとやや発生が遅く隙が大きいので
濫用はしない方が無難ですが、十分主力と言える性能です。
特に、リーチの長い相手と戦うときには重要な技となるでしょう。

弱攻撃コンボは全キャラでも屈指の性能を誇ります。
比較的リーチが長い上に発生も早く、ちょっと間合いが離れている相手や
ダメージが溜まっていない相手にも安定して3段目まで繋がります。
そして、何と3段目がトドメに使えるくらいにふっ飛ばしが強いです。素晴らしい。

以上に挙げた優秀な地上通常技を駆使して、
相手を横へ横へと押していくのがスネークの基本戦術と言えるでしょう。
これらの技は全てダメージが溜まっている相手へのフィニッシュとして
使える性能を持っているのが相手にとって恐ろしいところ。
隙が大きい技を狙わなくてもフィニッシュできるため、
自然な形で追い詰めていくことができます。


[準主力技]
ダッシュA、空中後A、空中上A、横スマッシュ


ダッシュAはややリスクがあるものの、異様に発生が早くてリーチが長いです。
普通に使っても強いですが、実際にはダッシュAを使わずに、
突進をちらつかせて相手を牽制しつつ横Aや下Aを活かせる間合いまで
距離を詰めるのが良い手段ではないでしょうか。

さて、主力技に空中技が挙げられていない事を疑問に持たれた方も居るでしょうか。
スネークの空中技はどれもこれも技を出したあとの隙が大きく、
更に技を出して着地した後の隙も膨大という弱点があります。

空中戦はスネークにとって大変ハイリスクなので、
できれば空中戦はせずに地上からの上Aや
各種飛び道具(上スマッシュも含む)でどうにかしたいところですが、
どうしても空中戦をしなければいけない時には空中後Aや空中上Aに頼ると良いでしょう。
どちらも発生が早く、攻撃判定の持続が長いので相手に引っかけやすいです。
ただ、やっぱり隙は大きいので、出したらせめて相手に触るようにしましょう。

最後の横スマッシュは、とてつもない攻撃力とふっ飛ばし力を誇る技です。
その破壊力は、相手のダメージが40%くらいでもバーストが狙えるほど。
しかし発生が遅く、リーチが短いのでブン回してもそう当たるものではありません。
相手の隙をついて、狙い澄まして決めるようにしましょう。
スネークは横A・Aとかでも十分フィニッシュが狙えるキャラなので、
特に無理をしてこの技を狙う必要はありません。
忘れた頃に叩き込むくらいのノリがちょうど良いと思います。

―――――――

多人数戦では豊富な飛び道具や設置系必殺技をバラ撒くのもいいのですが、
それでもこのゲームはタイマンでもある程度戦えてナンボだと思います。

とりあえず上に挙げた技の使い方を覚えれば、
タイマンでもそこそこ立ちまわれるのではないでしょうか。
他にも優秀な技は幾つもあるのですが、それらはクセがあるので、
(まずは初級編ってことで)解説は省きました。
上スマッシュや空中通常Aなどは適度に混ぜていくと面白味を増すと思います。

中級以上を書くかはわかりません。というか自分もまだそんな域には達していませんので。
ご意見や突っ込み、募集しています。

スネークの技覚書

・横A・Aコンボ
スネークの横A・Aの一段目(ヒザ)は、
地上の相手にヒットするとふっ飛ばしが固定
(相手にいくらダメージが溜まっていても強くふっ飛ばさない)で、
まず確実に二段目(振り下ろし)が確定します。

空中の相手にヒットしたときは、
普通の技と同じように相手のダメージに従ってふっ飛ばす勢いが決められ、
相手にダメージがほとんど溜まってない場合を除いて2段目は当たりません。

一段目が地上でヒットしたことを確認してから二段目を出してもコンボになります。
(↑トレーニングモードのコンボ数表示調べ。対人でアテになるかは不明)
スネークを使う方は、ヒット確認から確実に二段目を決められるようにしておくと良いでしょう。


・カカト
スネークの空中前A(カカト落とし)は、
先端付近はメテオ(下向きに吹っ飛ばす)で、
それより根本の部分は斜め上に吹っ飛ばす仕様になっています。

相手が頭上付近に居るときや、足元付近に居るときでも、
間合いが正しければメテオになるようです。

メテオ部分は大きくなく、技の発生が遅いので狙って当てるのは難しいです。
が、ふっ飛ばし自体は強いために、復帰中の相手に根本部分をぶち当てると
そのままお星様にすることが結構あるという、ヘンな技です。

一種のロマン技かもしれない。w

[スマブラX]スネークさんの楽しい一人アリウープ講座

ただいま猿のようにスマブラXをプレイしております。
しかし、うちの回線(かLANか)とWifiの相性が悪いらしく、
通信対戦しようとすると頻繁に切断されたり、
マッチングにやたら時間かかったり、
やっと始まったと思ったらラグまみれだったりするので
主に観戦を楽しんだり、一人プレイで腕を磨いたりしています。

ところで「猿のように」って表現、所々で見かけますが
誰が最初に言い出したんでしょうね。

亜空の使者は難易度普通でとりあえず一周しました。
これから高い難易度に挑戦しようか、それともシンプルもやるか、競技場に籠るか…
ううむ、贅沢な悩みができるゲームですね、本当に。

さてさて。
本日紹介するのはスネークの手榴弾(通常必殺ワザ)に関してのお話。
この技は、手榴弾が爆発するまでに時間があることと、
手榴弾を持ちっぱなしにしている間の行動が制限されるせいで、
初めはちょっと使いづらい印象を受けるかと思います。

そこでお奨めなのが、
手榴弾をとりあえず投げたのち、もう一度キャッチして投げるというテクニック。

一度手放した手榴弾は通常のアイテムと同じ扱いになるので、
拾った後は二段ジャンプ、ダッシュや振り向きも
自由に行うことができるようになります。

で、この流れを作るために覚えておくべきことは

(1)アイテム拾い(地上と空中)
(2)最初に投げる手榴弾の軌道(3種類)
(3)手榴弾が爆発するまでの時間

の3つ。順に解説してみましょう。

(はっきり言って実用性よりも、見た目的に面白いとか、
 操作テク磨くのが楽しいところに価値がある類の技なので、
 ご了承のうえご覧くださいませ(笑)) 【“[スマブラX]スネークさんの楽しい一人アリウープ講座”の続きを読む】

FC2Ad


当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。