夕日に向かって万歳

Coffee and chocolates. …and games.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のゲーム

まるでブログを更新しなかった一年ですけど、締めくくりとして恒例の(?)私的ゲーム・オブ・ザ・イヤーを決めてみます。
例によって「今年一年で自分が最も楽しかったゲーム」であって「今年発売だったかどうか」は全く無関係なところがミソ。

今年の家庭用ゲームはスマブラXに始まり、世界樹の迷宮Ⅱ、ファイアーエムブレムのリメイク版、カルドセプトDSなどなど、私好みのソフトが続々と発売された一年でした。
やり込みが熱いゲームが多かった割に、一作を長くやり込むことをあまりやりませんでしたが、良質タイトルが多く発売されたなぁ、って印象が残っています。

アーケードゲームはストⅣ、メルブラAA、FATE、ブレイブルーなど、新作は豊富でしたがそれほど熱心にプレイしたゲームはありませんでした。
ゲームの出来の問題以前に、ホームゲーセンであるウェルカムが潰れた影響も大きかったですけどね。
ストⅣはなんだかんだで結構やってましたが、熱くなれたかというと・・・。。

ネットゲームは前年に引き続いてファンタジーアースゼロをチマチマ続けるのみでした。
まぁ…確かに今年も色々ありましたけど、グダグダになりながらもしぶとく続きそうだっていう運営やパッチの流れには変化なさそうですね。

ネットゲームでないPC用ゲームをプレイすることは、前年まではほとんどありませんでしたが、今年はCilivizationⅣとデビルメイクライⅣをプレイしました。
特にCilivizationⅣには本当に長い時間をかけていて、今年は暇があればこればっかりやっていたような印象もあります。

TRPGについてもちょっくら振り返ってみましょうか。
今年は日本ではソードワールド2.0が発売され、海の向こうではD&D4thが発売されるなど、話題には事欠かない年でした。
ここらへんは今年の話題というより、来年以降の展開に注目したいところです。

私が今年プレイしたTRPGの中で一番楽しかったのは、今年ようやく初プレイした六門世界2ndでした。
私はもっと流行るといいなと思いましたが、ボードゲームっぽい処理は好みが分かれるようです。
・・・ルールブックの読み辛さ、検索のしづらさをどうにかできるといいんですけど。


こうして振り返ってみると、今年も色んなゲームを遊んだもんです。
印象深かったゲームも多かったですが、「今年最も楽しんだゲーム」を一つ決めるとすれば・・・
ほぼ即決で「CivilizationⅣ」に決まります。

歴史のあるシリーズで、本作の発売も3年前のゲームですが、私にとっては新しい楽しみに満ちたゲームでした。
洋ゲーの中毒性を思い知り、ゲームデザイナーの工夫や知恵に触れ、wikiや動画サイトを見てはやる気と実力のあるプレイヤー達の力に唸らされる。
単にプレイして楽しいというだけでなく、心から応援でき、愛を持って熱中できるゲームだという点において、やはり私にとって今年一番のゲームだったと言えるでしょう。

今年も残すところあと一週間。
私はいつも通り年末年始は実家で過ごし、1/4か5に岡山に戻ってくる予定です。
それでは皆様、良いお年を。
スポンサーサイト

FC2Ad


当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。