夕日に向かって万歳

Coffee and chocolates. …and games.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唐突にBattleforgeの話題

私が今PvP(主に1on1)で使っているデッキを紹介します。

[黒青デッキ]
http://1cc.jp/apr2v2 (*空きスロットにはMoonが入ります)

黒青の代名詞となりつつあるLost Shadeが居らず
代わりにT2のLサイズユニットとしてLost Reaverを採用しているヘンなデッキです。
こいつをBuffで支援する戦術や、
高いライフを生かしたNasty Suprise(最大1089dmg!)が攻めの中心になります。
この構成だと緑単はちょっと苦手ですね。他の相手にはまぁまぁ戦えます。

スロットの関係で、Ice Barriorとの併用が前提となる
Lost Vigil、Home Soilといった強力カードがIce Barrior共々不採用となっています。


[青単デッキ]
http://1cc.jp/upxxjy

T1でwellを伸ばしまくり(初期well以外に5、6本建てます)パワー差で圧倒します。
敵のT2ユニットに対してもT1ユニットで防衛することを前提にしているため、
T2以降はかなり偏ったデッキ構成になっています。

そんなふざけた事ができるのもLv3Ice Guardianの強さのおかげ。
脇を固める他のユニット達もそれぞれに渋い働きを見せます。

T3のNorthland Drakeは世間での評価が異様に低いですが、
「XLユニットが一体は欲しい」「T3の飛行ユニットが一体は欲しい」という
両方のニーズを一人で満たしてくれる選択として採用しています。
飛んでるデカブツは数値以上に対処しづらいものなので、割とお奨めの一枚です。

またTimeless Oneもあまり見かけないカードですね。
こいつはColdsnapだけではCCが足りないと感じたので採用しています。
スポンサーサイト

FC2Ad


当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。