夕日に向かって万歳

Coffee and chocolates. …and games.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DSソフトレビュー:大戦略DS

大戦略DSをただいまプレイ中です。

大戦略は友人がプレイするのを眺めたり、ちょっと触ったりというのはありましたが自分で買ってプレイするのは初めてです。
歴史あるシリーズだけあってシステム的には既に完成されており、安心して遊ぶ事ができます。

演出は非常にあっさりしているので見た目的な楽しさは少ないです。(元々そういうシリーズなんですが)

同種の兵器が何種類もあって敵ユニットとの相性がそれぞれ異なったりするので情報量が多すぎ、個人的には楽しさより面倒臭さを感じてしまいました。実在の兵器の話が好きな方向けでしょうか。

この点については、僕にはファミコンウォーズシリーズの方が合っているようです。
が、ZOCシステムが好きなのでやっぱり一長一短かな、と。

ミッションモードがよくできていて、中盤まで進めればこのゲームの基本を何となく掴めるようになっています。
ただ、後半に進むにつれて敵の配置がわかっていないとどうしようもないマップが増えてきて、途端にダルくなります。残念。

DS特有のタッチペン操作なのですが、タッチペン用操作アイコンが小さくて画面上の位置が固定されていないので少し使いづらさを感じます。
(アイコンに近いマスにタッチすると、アイコンが画面の逆側に勝手に移動する仕様になっています。
指定したマスの周囲がよく見えるように配慮したと思われるのですが、アイコンがタッチペンから逃げていってしまうので面倒です。)
画面を直接タッチして操作できる事自体は非常に快適なだけにちょっと残念。

不満点は幾つか挙げましたが、基礎システムがしっかりしているゲームなので、各ユニットを操作して敵を撃破していく過程の面白さは洗練されたものを感じます。
面倒臭いウォーシミュレーションが嫌じゃないという方は買っても損はしない作品だと思います。
…といっても、これ買う人の多くは「固定客」という気もしますけど。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://falldown.blog21.fc2.com/tb.php/223-3498da22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。