夕日に向かって万歳

Coffee and chocolates. …and games.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DSソフトレビュー:スターフォックス コマンド

発売されて1ヶ月以内のソフトをレビューするのは初めてかもしれません(笑
スターフォックス コマンドのレビューです。

戦略&3Dシューティングというジャンルになっていますが、
純粋にシューティングだと思って購入した方が良いと思います。
個人的には戦略の要素は中途半端で、
あまりゲームに活きていないように思えました。

シューティングの方はそれなりに良質です。
ただスターフォックス64(GC版の「アサルト」は未プレイです)が
文句のつけようがない傑作だったのに比べると
少しクオリティが落ちる印象です。
まあ、幾ら任天堂作品と言えど
あの完成度を基準にしてはいけないのかもしれませんが。

色々なシステムに変更が加えられているんですが、
特に、弾を回避しながら、敵に攻撃したりアイテムを取得するという
シューティングの楽しさの根幹の部分が
ローリング一辺倒で何とかなってしまうのはマズいと思いました。

64版で言うオールレンジモードがメインになっているのですが、
コレは360°自由に飛び回れるのが楽しい反面、
ステージ中の「山」が無くなってしまうので、
それが原因で満足感が乏しいというのもあるかもしれません。

注目の、タッチペンによる操作なんですが、
体感的というよりは「独特」という印象が強く残っています。
慣れれば結構楽しいのですが、コレは普通のキー操作より難しいような気も(笑

そんなわけで、「期待ほどではなかったかな」という印象を持った作品でした。
スターフォックス64のイメージで期待しすぎたのかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://falldown.blog21.fc2.com/tb.php/224-28350d49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。