夕日に向かって万歳

Coffee and chocolates. …and games.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユエル第6回、前編(?)

昨日はユエルの第6回セッションでした。

前回までチュートリアルやルール変更点確認、GMの戦力把握などを兼ねて
単発的なシナリオを2つやってもらいましたので、
今週からキャンペーンらしいシナリオ(いわば本編)に導入する予定でした。
(前回までのシナリオが1週ずつ長引いて、結局セッション回数の1/3を使ってしまっているわけですが)

今回は本編の導入という事で、“こんなキャンペーンになるよ”ってな事を把握してもらうのが目的でした。

戦闘では目前の敵の攻略に意識が行ってしまいがちなので、
シティーアドベンチャーっぽく仕立てて必要な情報を与える事にしました。
上手くいったのかどうかは… GMが判断する事ではないですね。
楽しんでくれていたら良かったのですが。


まずはおさらいということで、改めてPC達と重要なNPCを紹介しましょうか。

キャンペーンは「琥珀の島メヌーク」の東側にある集落で開始しました。
集落はガントとエレン(共にNPC)という夫妻が中心になって統治していました。
ガントは1ヶ月前からある用事でファラントに出かけています。
その留守を任されたのがエレンと、ルカ、フランソワ、シャン、シンという4人の若者(PC)でした。

ルカはサリカの入信者で、エレンらと共に村のサリカ神殿を運営している人物ですが、
“女の子を装ってるが実は男”という、GMが扱いに困る「秘密(不利な特徴)」を持っていたりします。
貴重な治癒魔法を持ち、バトル・ファンによる接近戦も存外強いです。色々な意味でパーティの中心人物です。
フランソワは【筋力】15を誇り、両手用ソードブレイカーをぶん回す豪傑。
ゴブリン程度なら一撃必殺の重量級アタッカーです。ルカと仲が良く、食いしん坊の女の子。……。
シャン(本日欠席)はメヌーク北側の港町で蹴打術(ダルケス、と読む)を学んだ拳闘士。
アルリアナ信仰のクセに異性恐怖症の少女です。
シンは港町の傭兵で、集落とは何かと縁のある人物。
タマット信仰の軽戦士で、パーティ内で唯一盗賊系技能に秀でた人材です。

プレイヤーはもう1人居ます。ある意味主人公が。
6時10分頃になったら登場するかもしれないヒーロー(多分)。ペローマ仮面ことオウル。
ペローマのためなら火の中水の中。
神殿からの依頼ならば悪魔退治から便所掃除まで、何でもするというペローマ高司祭です。
PC随一の魔法能力と遠隔攻撃能力、そして数々の霊薬は貴重。…だが、欲しい時に居てくれるとは限らない。(笑

さて話を戻しまして、今回のシナリオの発端は村のリーダーの夫妻。
エレンが、定期的にガントから届いていた手紙がばったりと来なくなった事に心配を募らせ、
手紙が来なくなった理由の判明と解決をルカとフランソワに依頼したのが今回のオープニングでした。


…ええと、長くなりすぎてしまったのでセッション内容はまた今度。来週までには書きます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://falldown.blog21.fc2.com/tb.php/262-ae18ddba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。