夕日に向かって万歳

Coffee and chocolates. …and games.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3D酔いとの闘い

5日ほど前に下宿に戻ってきました。
この夏に購入した新しいPCのセットアップをしたり、(新PCの置き場所を確保したりするために)部屋の模様替えをしたりして落ち着かない日が続いていましたが、一昨日に一通りの仕事が終わって元通りののんびり夏休み生活が戻ってきました。

…暑さまで元通りにならなくていいのにね(笑)


さて。
友人から借りている「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」が中途になっておりました。
一か月半前に借りて、すぐにプレイし始めたものの3D酔いに邪魔されて全然プレイできなかったという経緯がある品です。

ボチボチ新作ゲームに手を出したいし、長く借りてるのも申し訳ないので夏休みが終わる頃(20日くらい)にはクリアして返却したいところです。
そういうわけで、一昨日から気張ってプレイを再開したのですが酔うわ酔うわ。

どうやら慣れとかの問題じゃなくて、自分とこのゲームの相性が激烈に悪い模様です。
気分良くプレイできるのは30分が限度で、それ以上になると“気持ち悪さに耐えつつ…”みたいになってしまいます。
おそらく、操作した通りに視点が動くFPSなどと異なり、ゼルダはカメラの挙動が特徴的なので酔ってしまうのかな、と。
(そうすると時オカが平気でプレイできた理由が分からないですが…。…年のせい?げほげほ)


しかし、3D酔いごときのせいでプレイしたいゲームができないなんて、ゲーマーとしてこれ以上不幸なことはありません。
今後のこと(もちろん、ゲーマーとしての今後)も考え、何とか克服するべく、酔い止め薬を服用してプレイに臨むことにしました。


まずは用法用量に沿って薬を服用。
「乗り物に乗る30分前に服用するのが良い」って書いてあったので、30分間ニコニコ動画を見つつ一服しました。
気づいたら1時間経ってた事は気にせず、いざゲームプレイ開始。

…10分経過

…20分経過

…問題の30分。 …お?大丈夫っぽいぞ?

最初の30分間はおそるおそる様子を見つつプレイしてた感じですが、
大丈夫だと分かってからはがっつりとゲームにはまり込み、合計で1時間半ほどプレイしました。
完全に酔わなくなるってわけではないものの、ほとんど気にせずにゲームをプレイできるくらいの効果があるようです。
ああ、楽しくゲームを遊べるって素敵。


今日服用した薬は4時間で効果が切れるタイプですが、一緒に24時間効くタイプの酔い止め薬も購入してきました。
3時間を超えてぶっ通しでゲームをやるってことはあまり無いんですが、「朝にちょっと触って、また夜に…」みたいな遊び方をしたいときに備え、近々こちらの効き目も試してみようと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://falldown.blog21.fc2.com/tb.php/331-91a00348
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

3D酔い3D酔い(スリーディーよい)は、テレビゲームをしている最中に起こるとされる症状の一つ。正確には映像酔いの一種である。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFD

  • 2007/10/28(日) 10:15:47 |
  • ゲームっていいね

FC2Ad


当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。