夕日に向かって万歳

Coffee and chocolates. …and games.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BattleForgeカード紹介3回目:Darkelf Assassins

先週から実家に帰省しています。
実家の環境ではネットゲーなどできませんので、
こうしてのんびりとブログの更新などをしています。

今日紹介するカードがこちら、Darkelf Assasins。


darkelfassasins

コスト50はこのゲームでは最安クラス。
しかしオーブが2つ必要なので最序盤には使えない。

1オーブの弓兵よりは明らかに強いが、
青の2オーブ、コスト70のDefenderと比べて耐久力が劣るというバランス。
2オーブ、コスト50の弓兵は他の色にはないので、
そういう意味では特徴的と言えるが、性能的にはごくごく普通の弓兵と言える。

そんな普通のユニットを何でわざわざ紹介するのか。

飛 行 ユ ニ ッ ト に 対 抗 す る 手 段 が
こ れ し か な か っ た か ら だ !


赤と青は2オーブで実用的な飛行ユニットを召喚できる。
(黒にも弾道ミサイルがあるけどあれはノーカン)

自分も飛行ユニットを出せない場合、
地上からの射撃で落とすしかないのだが、
1orbの弓兵ではさすがに力不足で、返り討ちに遭いやすい。

Darkelf Assasinsを2体出しておけば2orb域の飛行ユニットに大体対処できる。
よく見る飛行ユニットのコストは100~110なので、一応コスト損はしていない。
有利にもならないが、スペルや建造物に頼らずに飛行ユニットに対処できる事は大きい。

しかし耐久力がないので、時にはWar Eagleのスクリームでまとめてぶっ飛ばされたり、
凍らされて動けないまま倒されたり、火力スペルで薙ぎ払われたり…

・・・・・・やっぱり辛い。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://falldown.blog21.fc2.com/tb.php/390-dfe50f5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。