夕日に向かって万歳

Coffee and chocolates. …and games.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DQ9

DQ9を発売日に購入してようやくクリアしました。

最初から最後まで、「すげー面白い!」ってことはなかったんですが、
ヘタレる事もなくエンディングを迎えることができました。
安心安全のドラクエ印って感じです。
エンディングまで35~40時間ほどかかりましたが、まあこんなもんでしょう。

徹頭徹尾、悪く言えば“普通さ”、良く言えば“ド定番の安心感”に包まれたゲームでした。


…貶してるように聞こえる?
いや、褒めてますよこれでも。


最近プレイしたRPGで(今や結構古くなっちゃったけど)
「すげー面白い!」と思ったのは“世界樹の迷宮”なんですが、
あれは楽しみ方をプレイヤーに投げっ放しているところがあるし、
ゲームバランスは結構荒っぽい。

それに対してドラクエ(9だけじゃなく、シリーズ全体)は
プレイヤーに対して懇切丁寧で、ソツがなく作られている。
ここらへんは、FFと並んで和製RPGの方向性を決定づけた本質とも言える部分で、
今作もそれを踏襲して丁寧に作られていると感じました。

キャラクターの着せ替えとか、アイテム合成とか、時流に沿った要素を取り入れつつ、
ドラクエのドラクエたる部分を押さえてしっかりまとめたという点で
肯定的な評価ができる作品だと思います。

苦言を呈すならば、無理に今風にすべきじゃないところが今風にされてたところ。
ぶっちゃければサンディとか。あの辺はドラクエの世界観にとってノイズだと感じました。
ありふれた、紋切り型のファンタジーはもはや陳腐に見えるかもしれませんが、
それはそれでいいものですし、今作も全体的にはその良さが引き出されているんですから
余計な要素を混ぜるよりも、陳腐なくらいにドラクエらしい世界を最初から最後まで貫徹すべき。
私はそう思いました。

ゲームシステムは結構よくできてまして、
クリア後の楽しみもかなり豊富に用意されているようなのですが、
他にやりたいゲームもあるのでDQ9のプレイは一旦終了とします。


ここ1ヶ月、まるまるブログを更新してませんでしたが、
私は変わらずにゲームをプレイしてましたので、この間の事とかを近々追記するかもしれません。
・・・しないかもしれません

それでは皆様、暑さにめげずに良いゲームを。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://falldown.blog21.fc2.com/tb.php/398-c269b992
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。