夕日に向かって万歳

Coffee and chocolates. …and games.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼンディカー プレリ

アラーラ再誕や2010のときはプレリに参加しそこねましたが、
今回はしっかり参加してきました。

前回参加できなかった分まで遊ぶかのように、
シールドとドラフトの二本立てで昼から22時を回る頃までがっつり遊びまくってきました

シールド戦では貰ったパックの中身がものすっげぇ弱く、
大会中にも赤黒タッチ緑→赤白タッチ緑→赤白→赤緑と迷走を続けた末に1勝4敗。

 4戦全敗で迎えた5戦目が不戦勝だなんて言えない

いや、無理なもんは無理… としか言いようがない内容でした。南無。


しかしその後のドラフトは3戦やって2勝1敗。割と強力な青黒が組めました。
周囲との競合がなかったわけじゃないけれど、流れがよかったという感じ。
使えるレベルのコモンがさくさく流れてきて、ごく自然にピックしていけましたね。
勝てるデッキが組めるときはこういうものかというのを体験できたような気がします。


ゼンディカーのリミテッドは、上陸メカニズムでデッキを組むか、同盟者でデッキを組むか、
それとも全然関係なくバランスで勝負するのか、みたいな
セットのコンセプトに合わせてデッキ構築をする楽しさが強くあるように思えます。

 *ローウィン辺りはメカニズム云々よりレアのパワーのごっつさの印象の方が正直強かったり

周囲からは「クリーチャーがよええよ!」なんて声もありましたが
 (もちろん、「今までがおかしかったんだよ」と返ってくる)
好意的な声の方が多く聞かれました。
これがMTGプレイヤーの増加に繋がってくれるといいですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://falldown.blog21.fc2.com/tb.php/403-28ab038d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。