夕日に向かって万歳

Coffee and chocolates. …and games.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰省中 part1

実家ではやる事が無かったので、RFonlineばっかりやってました。
正月中は熟練度や経験値にボーナスがつくキャンペーンが実施されていた事もあり、ザジーはレベル35に到達。 …遅い?

このRFonline、何だかんだで2ヶ月ほど続けておりますが、一回のプレイ時間が短くても楽しめる仕様が徹底されているように思えます。
移動手段はやたら充実していますし、聖戦に勝てれば鉱山にキャラを放置するだけで稼いだりできますので。この手軽さは大きな魅力だと思います。
個人的には嫌いな仕様ですが、全PCがダメージディーラー(兼盾)なのでパーティを組むにあたって構成等で悩む必要が無いのも手軽さの一因でしょう。

逆に、問題もいっぱいあるようです。
操作性の悪さや、挙げればキリが無い瑣末なバグの数々はこの際不問としても

・種族vs種族の大規模戦闘が目玉のゲームなのに戦術シミュレーション的な要素がほとんど存在せず、部隊と部隊が正面からぶつかり合うしかない。
・“聖戦”では三つの国が一同に会して戦闘し、いずれかの国の統制施設が撃破されたら決着がつく(統制施設にトドメを刺した国が勝ち)という仕様なので2対1の展開になりやすい。
・聖戦中の鉱山以外の中立地域では他種族との戦闘があまり起こらず、緊迫感は薄い。
 …なぜなら、他種族を殺しても利益が少ない上に、「死亡or帰還アイテムを使って帰る→戦線に復帰する」が容易で低リスクなため、本気で戦闘を始めたら泥仕合になるから。

特に聖戦のシステムは、「まず自国以外の二国の間で戦闘が起こり、自国はそのどちらかに加勢する」という形がベストになってしまうために非常にマズいです。ちょっと考えれば、勝ちに拘ったらどの国も相手を攻めようとしなくなる事が分かると思います。。


キャラクターが魅力的で、短い時間でも遊べる手軽なゲームですが、システムの基礎部分の手抜きが目立ち、「物足りない」印象を受けるゲームです。今後のパッチで改善されるのでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://falldown.blog21.fc2.com/tb.php/91-ebbab5e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。