夕日に向かって万歳

Coffee and chocolates. …and games.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくっと

カードヒーローにて、ワンダーマスターを手に入れました。
ここまでのプレイ時間は10時間足らずくらいかと思います。
前作を割とやり込んでいたお陰もあってか、全く詰まらずにクリアできました。

新規カードはそこそこあり、手が加えられているカードもあるのですが、
マジカルマスターの能力はほとんど変化なく、ゲームの基本部分はほぼ前作同様なので、
新鮮味はあまりないと感じました。

前作をプレイしていない方や、前作をプレイしていて、
その土台部分が変わっていない方が嬉しいという方にはお奨めできる出来ですが、
前作をプレイ済みの方が、追加要素やバランス調整に期待して買うと、期待はずれに思うかもしれません。

しばらくカード集めをやって、納得いくデッキが作れたらwifiにも顔を出そうかな、と思っています。

スマブラ拳の新着記事

まずは、本日更新されたこちらの記事をご覧下さい。

内容を一言で言えば、他人のwi-fi対戦の様子をリアルタイムに観戦でき、ちょっとした賭け遊びもできるという機能がスマブラXにつくということ。

一目見てこう感じました。 「これは来た!」と。


対戦ゲームファンにとって、他人の動きを研究するってのは大変意義があることです。
そうでない人にとっても、対戦を眺めるのが楽しいって人はきっと少なくないと思います。
「対戦ゲームは対戦の部分がしっかりしていればそれでいい」という意見が間違ってるとまでは言いませんが、
このようなシステムが充実することも対戦ゲームの発展にとって実に好ましいことではないでしょうか。


また、ちょっと未来予想的すぎるかもしれないですが、
このような形で他人に自分のプレイを見せる環境が充実することで、
「他人を楽しませるためのプレイ」が発展する可能性もあると思います。
対戦ゲーム(特に格ゲー)では、相手に勝つためのプレイが重んじられ、
その中で対戦マニア以外のプレイヤーが遠ざけられてきたという歴史があります。
私はその対戦マニア(弱いけど)の一人ですが、
「強くならないと楽しめないのは当たり前」という考えは間違っていると思いますし、
強くなる事が最も高次元なゲームの楽しみ方だとも思っていません。

ゲームが純粋な競技であるなら、「強くならないと~」でいいのかもしれないですが、
ゲームはあくまでエンターテイメントなのだから、
良いゲーマーは良いエンターテイナーであるべき。
私はずっとそう考えています。

今まで、ゲームを使って他人を楽しませるなんて場はあまりありませんでしたが、
今回発表された「大観戦」は、ゲームを通じて他人を楽しませたいと考えているゲーマーにとって
いいツールになってくれるんじゃないか。そうなるといいな。と期待を寄せています。

ゲームが、自己満足や自己顕示のためのものから、自己表現のためのものへ。
っていうとちょっと大仰すぎるでしょうか。

まあ、いかに楽観的な私とて、そんな簡単に物事の質的な転換が起こるなんて思っていませんが、
今回の記事でスマブラXへの期待が益々高まった、というところです。
開発チームの方々のがんばりを期待します。

カードヒーローDS? あと、スマブラXの話題。

割と昔、GBで発売された「カードヒーロー」の続編がDSで発売されるそうです。(ソース

見た感じ、前作とは基本システムから違う作品になるようですが、
好きだった作品の続編なので期待したいところです。

世界樹の続編とか、シレンDSとか、
この年末~来年にかけて絶妙な角度から心に刺さってくる新作が多いですね。

年末が待ち遠しいやら、恐ろしいやら。

時間とお金がいくらあっても足りそうにありません。


さて、その年末~来年にかけて発売される作品の中でも、
特に本命と言えるのがスマブラX

無事に発売日が1月24日に決定され、
続報が公式サイトから発表される度に期待感が増している方も多いんじゃないでしょうか。

自分ももれなくその一人なのですが、
しかし、もう、スマブラXについては語りたいことが多すぎて、
とてもとてもまともな文章にできそうもありませんです。

何というか、もはやただの一つのタイトルというよりも
ゲーム業界の一大プロジェクトと化してるような、
そんな印象すら受けます。

ボリュームが増えれば増えるほど、
バランス調整は加速度的に難しくなるものですが、
いいものを完成させてくれるといいですねえ。

Archaic Sealed Heat

アルカイック・シールド・ヒート、略してASHをただ今購入してきました。

…まーた日付変更後即買いやってるよ、自分。(笑)


タイトル画面からいきなりいい音楽が鳴り出しまして、心踊らされました。
公式サイトで流れている曲なのですが、実機でもいい感じです。

では、これからちょっくらプレイしてきます。

これはニュースにせざるを得ない

情報遅れすぎですが、Wiiのバーチャルコンソール配信タイトルを眺めていたところ


 罪と罰 地球の継承者 NEW 2007年9月20日 任天堂 1,000


64版未プレイで、Wii持ってる人はいいからプレイすべし


名作です。

FC2Ad


当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。